会長メッセージ

早川 順治 Junji Hayakawa 2018-2019 Club President

suetomi

2018-19年度国際ロータリーのバリー・ラシン会長(バハマ イーストナッソーRC)は次年度のテーマを「インスピレーションになろう(BE THE INSPIRATION)」と掲げられました。その中で「何か大きな事に挑戦しようというインスピレーションを、クラブやほかのロータリアンに与えてください。自分よりも長く、後世にも生き続けるものを生み出すために、行動を起こす意欲を引き出していただきたいのです」
また、「ロータリーの奉仕は、人びとの人生、地域社会を変えるものです。より良い世界を築くその潜在能力は莫大です。ロータリアンはそのことを十分に理解し、心の奥深くにある真の自覚を呼び起こすことから始めてください。」とも述べられています。

また、第2710地区ガバナーの吉原久司氏は、ガバナー信条を「輝こうロータリー ふたたび!」基本目的を「仲間を増やそう、すべてはそこから始まる」とされました。
少子高齢社会が急速に進展する地域社会にあって、ロータリークラブも5年後、10年後を見据えた真剣な対応が求められています。ロータリアン一人一人がロータリーの素晴らしさを再認識し、心のこもった奉仕活動を行えば、自然と仲間が増え、ふたたびロータリーに輝きをもたらしましょう。

上記のRIテーマやガバナー信条をもとに、本年度のクラブ方針を『仲間と奉仕の心を育み、輝けるロータリーに』とさせていただきました。ロータリーの基本をしっかりと理解し、仲間と語り合い、親睦を深め、奉仕の士気高揚をはかっていきたいと思います。
以上を踏まえて、次の9項目をクラブ活動方針とさせていただきます。

クラブ活動方針

1.会員増強(特に女性・若人)純増2名を目標にする
2.公共イメージの向上に努める(奉仕活動を地元メディアに掲載)
3.クラブの奉仕活動へ会員の積極的参加を促す
4.例会の充実に努める(出席率向上、卓話の工夫、夜間例会月1回開催)
5.I・Aクラブとの連携・親睦を図り、青少年指導育成に努める
6.米山奨学生の支援を積極的に行う
7.ロータリー情報の提供(例会、スタープログラム)を積極的に行う
8.クラブ戦略計画委員会の活用を図る
9.宇部西ロータリークラブ60周年記念事業の準備にとりかかる