会長メッセージ

篠崎 文彦 2019-2020 Club President

suetomi

基本方針 『ロータリーの未来を語り、礎を築こう』

 2019-20年度国際ロータリーのマーク・ダニエル・マロ―ニーは次年度のテーマに「ロータリーは世界をつなぐ」(ROTARY CONNECTS THE WORLD)とした。ポール・ハリスの時代には想像もできなかったような友情とネットワークを築くための方法が数多く存在します。それでもロータリーにおける「つながり」は独特であり、ほかに類をみません。
 2019-20年度は新しい戦略計画を実行に移し、規定審議会が採択した革新性に応え、より活性化された重点分野において活動します。しかし、ロータリーの未来を形作る本当の場所は個々のクラブです。刻々と変化する現実に対応するために、ロータリーはクラブに力を注がねばなりません。今日ではクラブのあり方をより創造的かつ柔軟性をもって決めることができます。これには例会の方法、またなにをもって例会とするかを検討することも含まれています。会員増強については組織立った戦略的・革新的な方策が必要です。そうすることで地域社会とのより広くかつ深いつながりができるだけではなく、より多様な会員に魅力を感じてもらい、積極的な参加を促すことができるでしょう。

マーク・マローニー会長の目標
ロータリーに「中核的価値観・不変なもの」
 *奉仕(Service)    *親睦(Fellowship)    *多様性(Diversity)
 *高潔性(Integrity)  *リーダーシップ(Leadership)

 上記今年度のRI会長のテーマ「ロータリーは世界をつなぐ」や晝田眞三ガバナー信条をもとに本年度のクラブ方針は「ロータリーの未来を語り、礎を築こう」としました。当クラブもこれを念頭に次の8項目をクラブの活動方針としました。

クラブ活動方針

1.既存会員を維持しつつ、女性会員や40歳未満の会員の増加をはかる
2.公共イメージも向上に努める(奉仕活動を地元メディアに紹介する)
3.クラブの奉仕活動へ会員の積極的参加を促す
4.例会の充実に努める(出席率の向上、卓話の工夫、充実、夜間例会を月1回開催する
5.米山奨学生の支援、インターアクト、青少年指導者の育成を積極的に行う
6.クラブ戦略計画委員会の活用を図る
7.当クラブ60周年記念事業を優れたものにする
8.新しいロータリー情報を会員に提供(例会、スタープログラム)を積極的に行う