会長メッセージ

藤谷 邦彦 2021-2022 Club President

suetomi

 

クラブ活動方針

 

2021-22年度 シェカール・メータRI会長は 次年度のテーマを「奉仕しよう、みんなの人生を豊かにするために(Serve to Change Lives)」と掲げられました。
人のために世話をし、奉仕することが最良の生き方。なぜなら、その経験を通じて誰かの人生だけでなく、自分の人生を豊かにできるのだから……。と述べられておられます。
そして、杉川 聡ガバナーは「みんなのためになるかどうか。未来のためになるかどうか。」~多様性を受け入れ、相互理解を深めよう!!~をガバナー信条とされました。
今こそ、ロータリー活動の原点に立ち戻り、世界のみんなのために、世界の未来のためになる行動をして行きましょう!!
以上のRIテーマおよび地区の信条をもとに、今、何をするべきかを考え、クラブ運営を行っていきたいと思います。
さて、新型コロナウイルスにより、世界中が大惨禍に見舞われています。まだまだ、全く予断の許さない状況が続く中で、2021-22年度をスタートする不安もありますが、会員の皆様の安全を第一に例会・事業を開催します。好意と友情の握手を普通に出来る日が来ることを願います。
次の9項目をクラブ活動方針とさせていただきます。会員の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

1.会員増強 および退会防止を通してのクラブの活性化。
2.クラブDX(デジタル トランス フォーメーション)の推進。
(ZOOMなどを活用し例会・会議などの対応力強化)
3.クラブの奉仕活動へ会員の積極的参加の促し
4.特に上期の卓話における会員卓話の充実
5.ロータリー財団に関する卓話及び勉強会の開催
6.米山奨学生の積極的支援
7.他クラブと親睦会の開催。(状況を確認しながら)
8.地区対応委員会の設置 (地区とクラブがスムーズになる為に)
9.新型コロナウイルス対策